熊本の玉名市にあるお釈迦さま。
ここにたどり着くにはやや骨が折れた。
案内の看板があるとは聞いていたものの、どこにあるかは不明。
近くで農作業をしていたおっちゃんに聞くと、「あ〜あれな〜○△×※」という感じで気さくに教えてくれた。駐車スペースなどはないので、手段は徒歩。
周辺の空き地に車を止めてから森の山道を10分ほど歩いた。
歩いて像まで向かう途中のドキドキの高揚感たるや。
何もなかった山道に何やらそれらしきものが見えてきた。

うん。なんだか雰囲気があるぞ。苔の付き具体などがいい。
足元には「空海修行像」との記載が。どうやら空海さんのようだ。

人形供養なども。苔が服と化してしまっている。

一通り、大仏さんの歓迎を受け歩き進んでいくと、鬼太郎の妖怪アンテナならぬ大仏アンテナに
ビビッと電気が走った。

おおっ〜!ご対面!
初めまして、立花です。

何という微笑ましい顔をしているのだろうか。
一気にこの釈迦坐像の虜に。高さは38メートルほど。顔以外は劣化して森の一部と化しているが
釈迦坐像ともあって、昔はお体も健在だったそう。2人で森の奥地にこの像を築き上げたと聞いてそんなことができるのかと驚いた。訪れた日にはちょうどこの場所を管理しているお寺の住職のお父さんが草刈りをしていたので、そんな話を聞かせてもらった。
かれこれ、この場に1時間ほど滞在してしまっていた。柔らかな哀愁漂う顔立ちと、森の一部と同化している姿が天空のラピュタを彷彿とさせる。

熊本県玉名市