大分県豊後高田市は、摩崖仏の一大産地。
大分だけで約400体あるそうで、これは全国のおよそ80%を占めるそう。
特にこの豊後高田という町には、切り立った岩が多いので、摩崖仏を作りたくなることにも頷ける。そんな豊後高田は当然見所も多いのだ。
メインは天念寺の前を流れる長岩屋川の中央に陣取る巨石を削ってできた川中不動尊。
面前にある切り立った岩山。
すごい威圧感を醸し出している。

岩の表面には、コンガラ童子とセイタカ童子を脇に、中央には不動明王サマ。
川中不動尊の面前の寺の中も必見。アクの強い個性がお面が飾られていた。

裏にも、何やら仏像のオンパレード。横顔の仏像サマは上を見上げているんだろうか。
生身の人間なら間違いなく即死のレベルの顔の向きである。

 〒879-0731
大分県豊後高田市 長岩屋