【三重県】ルーブル美術館と純金大仏 37仏目 

純金大観音

今回訪れたのは三重県津市にある全身金ピカの大仏さま
近鉄大阪線「榊原温泉口」下車で徒歩5分ほどで「大観音寺」にたどり着く。
トンネルの向こうは、不思議の街でした。

手前にはルーブル美術館がある。
さしもの、秘宝館と同じような類のものだろうと思っていたら、なんと本家本元のルーブル美術館の世界唯一の姉妹館だそうである。

不覚ながら値段の高さに怯んでしまい入場は回避せざるを得なかった。

大観音寺へ向かう途中、自由の女神とスフィンクスとカエルの揃い踏み。
なんとも奇天烈な光景。

ほどなく、ルーブル美術館から数十メートル先に大観音寺の関所がある。

参拝料を支払うと護摩木を渡され願いと名前を書く。
関所のおばちゃんは親切だった。

一連の儀式を済ませるとようやくワンダーランドで突入。
本命はまっすぐ一本道の先にある。
正式名称は「寶珠大観世音菩薩」とある。

順路通りいくとその道すがらには興味深い像がいくつもあるが、それは後ほど。

さて、この純金像、高さは33メートルなので「うわっでかっ!」という圧迫感はない。
すんと風景の一部としてごく自然に溶け込んでいる。

建立は昭和56年と今から37年前。
近づいてみると、所々痛みがあり長年頑張ってきた感がある。金箔不足でそろそろ金箔追加されるかもしれない。いや、いけいけドンドンの時代も終わったし、豊臣秀吉みたく金を追求せず他の路線にマイルドチェンジして、真っピンクとかいいんじゃないか。
女性ウケしそうだし。

と、そんなことはまあいいのだ。

背面はこんな具合。
難攻不落のそり立つ壁のようではないか。
アイガーの北壁を彷彿とさせる。

もちろん行ったことなどないが。

大観音をずらり囲む108体の観音さまたち。
蜘蛛の巣によって隣接する観音さまと繋がっている。

ということで、他にも趣向を凝らした大仏などがあるので紹介しよう。

▶︎仏手

デザインは派手め。
観光客らしきおばさん集団がペチペチと叩いたり拝んだりしていた。

▶︎世界最大の釜「萬倍釜」

少し前、ニュースで山形の芋煮フェスティバルで使う直径6メートルの大釜の制作費は3000万円とあった。これは一体いくらかかっているんだろうか。
これを作ろうと思った制作者の情熱に敬意を評したい。

▶︎カラオケ観音

界広しと言えどもマイクを握るカラオケ観音が見れるのはここだけだろう。
シンガー観音とかじゃなくあくまでカラオケってところが市民目線でいい。

▶︎ガン封じ 神獣白澤

中国の伝説に伝わる神獣。ガンを予防することができる。
お祈りも大事だが、食習慣も大切にしたいところだ。

▶︎にっこりお福

柔和な顔立ちで、誰でも身の回りに似ている人が一人や二人いるんじゃなかろうか。
お福さんの作る減塩の優しい味のみそ汁とふっくらおにぎりは絶品に違いない。

まだまだ他にも見所はあるが、書いていくのがめんどくさいのでこのくらいにしておく。
詳細は以下のWEBサイトで確認されるといい。
あっ電車でお立ち寄りの際は、最寄りやコンビニや食事何処はないのでご注意されたし。
南無南無

大観音寺サイト >

大仏等級

高さ33メートル

青銅製(金箔付き)
1982年開眼

〒515-2621
三重県津市白山町佐田1957

 

 

【愛知県】浅野祥雲の弘法大師像 36仏目

厄除弘法大師

愛知県尾張旭市に鎮座する弘法大師像

全国各地に弘法大使さまはいらっしゃるがここの像は一味違う。

それはなぜか。

作者が日本が誇る天才コンクリート造形師浅野祥雲だからである。
愛知県はとにかく浅野祥雲作のものが多いが、一番最初に衝撃を受けたのは桃太郎神社だった。

日本が誇る奇天烈神社を彩る桃太郎キャラクターのその哀愁ある姿に心奪われてしまった。
以降、浅野祥雲のコンクリ像は己にとって特別なものとなった。
浅野祥雲についてはこちらを見ていただきたい。大仏関連で一番好きなサイトである。

http://chindera.com/asano-asano.html

さて、その浅野祥雲作弘法大使コンクリ像は、尾張旭駅から徒歩10分ほど行った先にある愛宕山という小高い丘の上のやや開けた場所に立っている。

こちらのお寺を目印に、右手に突き進む。

見たことはないが、奥の細道にでできそうな雰囲気の森の道を突き進む。

大仏さんの元にたどり着くまでのこの煽りの部分がいい。最近はさらっと会えるとちょっと拍子抜けする。

道を抜けると吹き抜けた場所にでるとご対面。
白塗りの顔とレトロな色合いのオレンジに背面の木々の緑がうまく調和している。

ハーモニーってこういうことか!
と、初めて実感したような気がした。

さて、この場所は昭和6年に建立されたそう。
大師像の正面には拝殿があってお堂の中から大師サマを拝する事ができる。

良かった、今日が青空で。

地元の人たちによって大切に守られてきたと勝手ながらに解釈した。
ちなみに由来はこんな感じ

大師像から右側に目を移すと、不動明王とその眷属。

眷属でありながら、各々が主役を晴れる主張の強さは流石は浅野氏。

しかしながら思う。

「こいつらは一体誰なんだ」と。

このドヤ顔ときたらもう。
憎たらしくも愛着湧く顔がマニアにはたまらない。

大仏等級

コンクリート製
昭和6年開眼

愛知県尾張旭市新居町寺田2956